【健康】鼠径ヘルニアの手術をしたときのこと

4月に鼠径ヘルニアの手術をしました。
その時の状況を書き留めたいと思います。

比較的初期の状態だったため、当初は1泊2日の入院予定でした。
また、近所の方も同じ手術をし、1泊2日で帰宅。翌日から庭仕事をしていました。
なので物凄く楽観視していました。

ところが!
手術自体は超順調に終わったものの、
・部分麻酔がなかなか切れない
・やっと麻酔が切れ始めると激痛が!医者は「歩け!」と言うが絶対無理!!
・しかも尿閉で膀胱破裂寸前に!
・更に便秘に!
などと色々大変でした。結局3泊4日入院しました。
退院してもお通じが全然来ないので下剤を処方してもらい、術後6日目にしてやっと出せました。

私の母が昔盲腸の手術をしたときに「術後痛くて仕方が無かった」と言っていました。おそらくその麻酔に対する特異な体質が遺伝したのだと思います。
結局ある程度痛みが引くまで10日ほど掛かりました。自宅寝室がベッドで、しかもなぜかマジックハンドが近くに置いてあり非常に助かりました。ナイス自分!

また、術後の回復も平均より少し悪いようでした。
これには思い当たることがあります。
・術前まで仕事が忙しくストレスが溜まっていた
・肉体疲労も溜まっていた
・その割りに十分な休養と食事が摂れていなかった
これらが回復の遅れに若干影響を与えたようです。
皆様は手術が決まったら事前に十分な休養と食事を摂るようにして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました